大規模修繕
大規模修繕
 
大規模修繕
 
大規模修繕

大規模修繕の外壁塗装について気になるあれこれをわかりやすく解説!

大規模修繕の外壁塗装

今回は、大規模修繕における「外壁塗装」について詳しくご説明していきたいと思います。

外壁塗装は、大規模修繕工事という様々な工事を取りまとめて行う中の一つの工事にあたります。マンションなどの建物の外装の美観性の向上のために行われる工事です。

資産価値を高めるための修繕工事ですが、その中でも外壁塗装はとても重要な工事になってきます。居住空間や設備など、建物を資産として考える際に大事な部分は他にもたくさんありますが、一番最初に目に止まるのは外観だからです。いわゆる人間関係のように、第一印象を整える工事と言っても良いと思います。

そんな外壁塗装について、「なぜ?」や「どのような?」といった切り口からわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

また、大規模修繕に関する基本的な内容は、こちらの下のリンクの記事にて解説しておりますので、気になる方は確認してみてください。

なぜ外壁塗装が必要なのか

結論から申し上げますと、外壁は劣化しやすく、劣化が顕著に出てしまうためです。外壁部分は、建物の中でも屋根と同じく常に外気や風雨に晒されている部分になります。そのため外的要因によって劣化が進んでしまうため、他の箇所に比べて外壁塗装による修繕工事がより必要になってくるのです。 

主な外壁の劣化要因は大きく分けて3つあります。一つ目は雨や湿気による水分、二つ目は太陽光による紫外線、三つ目は、大気による酸性・中性化です。

水分

冒頭でも述べた通り、外壁部分は建物の中でも限られた、風雨にさらされる部分になります。そのため、雨や雪、その他湿気などの影響により傷んでしまうのです。

特に水分による主な劣化の症状はカビです。このカビにより侵食が進み、色あせや塗装の剥がれなどが生じてきてしまうのです。

紫外線

太陽光のうちで紫外線という人が見たり触れたりできない光を紫外線と言いますが、これが外壁にダメージを与えていきます。

外壁には塗膜という、塗料を守る層のようなものが存在します。これが、紫外線にさらされ続ける影響により壊れてしまいます。その結果、風雨のような水分などを通してしまうようになり劣化が始まります。さらに、人間のように紫外線にさらされ続けることで日焼けのような色褪せが生じてしまいます。

大気

上記のような影響によって剥がされた塗膜から風雨などの水分の影響でカビやさびが発生した場合に、大気に含まれる二酸化炭素や酸素によって、外壁のコンクリート部分が本来のアルカリ性から中性化されてしまう現象が起こります。

中性化あるいはそのまま酸性化してしまったコンクリートは、脆くなりひび割れや、剥落といった外壁自体へのダメージに繋がってしまいます。

外壁の劣化状況

外壁が劣化する要因について解説したところで、外壁の劣化状況についても詳しく説明していきたいと思います。建物のオーナー様や、管理組合の方々が工事の相談をする前に、自分たちで外壁の状況を把握することはとても大切なことなので、以下の内容を受けて日頃から確認しておくようにしましょう。

チョーキング(白亜化)

建物の壁を指などで触った時に白い粉のようなものが付着したという経験はないでしょうか。これは塗膜などが傷んで来ると生じるチョーキングという現象です。紫外線のダメージにより塗膜が傷んでいるサインです。これは白い粉だけに限らず塗料と同じ色のような粉が付着する場合も傷んでいるサインと言えます。

チョーキングは、専門家でなくても外壁の劣化を判断するわかりやすい症状なので、こちらが確認できる場合は、外壁の修繕を考え始めましょう。

ひび割れ

塗装面が剥がれて、躯体自体にひび割れが生じてきている場合はすぐに修繕を考えるようにしましょう。そのまま放置してしまうと、建物自体の安全性にも影響が出てしまいますので目視等で確認できる場合は注意して見るようにしましょう。

金属のさび

外壁の金属面の塗装部分が傷んでいる場合、その下地の金属にさびが生じてきます。特に外壁面は外気にさらされている場所なので一度さびが生じてしまうと、段々とさびが広がっていってしまいます。そのため外壁面にさびが生じてきている場合は早急に外壁塗装の修繕工事を検討しましょう。

外壁塗料の種類

外壁塗装に用いられる塗料は様々な種類が存在します。機能面や金銭面などの兼ね合いによりニーズにあった塗料が多く存在します。その中でも主流となっている外壁塗料をご紹介していきます。

・ウレタン塗料

こちらは、耐久面とコスト面どちらも優れており人気な塗料の一つです。また、この塗料は多くのメーカーで取り扱っているため、相談しやすい塗料にもなります。そのためポピュラーでバランスのとれた塗料と言えます。

・アクリル塗料

こちらのアクリル塗料は、ウレタン塗料に比べて施工が簡単な上、とてもリーズナブルな塗料となります。さらにアクリル塗料の場合は色のバリエーションが豊富なのでデザイン志向な外壁塗装にも向いています。しかしながら他の塗料に比べて耐用年数が短めであるというデメリットもあるのでオーダーにあった形で提案するのが望ましいと言えます。

・シリコン塗料

この塗料は耐用年数にとても優れた塗料です。ウレタンに比べて耐用年数が長い上に、機能面を考えるとコストパフォーマンスにとても優れていると言えます。オススメの塗料にはなりますが、この塗料の特徴としてひび割れが生じやすいという点があります。そのため、耐用年数およそ10年ほどを超えてきたあたりでひび割れが生じて来るので、そのタイミングが修繕のポイントとなるでしょう。

・ラジカル塗料

ラジカル塗料とは、ラジカルという材質ではありません。ラジカルの発生を防ぐことに特化した塗料です。ラジカルとは、チョーキングなどの塗装の症状を引き起こす要因となる物質で、水分や紫外線が酸化チタンと反応して生じます。その発生を抑えることが可能なため、他の塗料よりも格段に耐用年数が長いことも特徴です。しかしながら、この塗料のデメリットとして黒や紺などといった暗くて濃い色の場合機能しないという点です。

・光触媒塗料

現在はほぼこの塗料自体を取り扱っていませんが、こちらの光触媒塗料は、セルフクリーニングという機能を持っています。これは汚れなどが付着した場合にも雨などにより綺麗にすることができるという働きです。また、防カビや遮熱効果もあるため耐用年数もとても長いのですが、工事自体がとても難しく、工期も長くなってしまうために使用されることが少なくなりました。

・無機塗料

文字通り炭素を含まない無機物を配合した塗料のことを言います。この無機塗料の場合、紫外線によるダメージをかなり防ぐことができます。現在取り扱われている塗料の中では最も耐用年数が長い塗料でもあります。中には30年の耐用年数とされているほどです。しかしながらこの塗料はそんな耐久性もありかなり高価な塗料でもあります。そのため修繕のタイミングとの兼ね合いでコストパフォーマンスをしっかりと考えてから選ぶようにしましょう。

・フッ素塗料

こちらはフッ素と合成樹脂の配合により生まれた塗料になります。こちらも無機塗料と同じようにかなり高い耐久性を誇る材料です。外壁塗装に夜修繕を何度も行うことが難しいような建物にも多く使われています。この素材は他の塗料と比べて硬い材質であることから、ひび割れ等が発生しやすいという難点もあります。

外壁塗装だけでも行える?

この記事では、大規模修繕工事における外壁塗装にスポットを当ててお話をしてきましたが、もちろん外壁塗装工事だけを建物に施すことも可能です。その場合は、大規模修繕の業者ではなくオーナー様や管理組合の方から、外壁塗装の専門業者に問い合わせをして、工事を進めていくという流れになります。

また、大規模修繕の中で外壁塗装を行う場合も大規模修繕の業者が行うとは限りません。大規模修繕業者が外壁塗装業者に委託して外壁塗装を行うケースも存在します。弊社のように子会社として外壁塗装の専門業舎が存在する場合もあります。

工事中の注意点

外壁塗装工事にも他の工事同様トラブルなどの注意点があります。資産価値を高めるはずの修繕工事にトラブルが生じてしまうのは避けたいところです。そのため、外壁塗装工事において生じうる注意点を最後にまとめたいと思います。

・施工不良

外壁塗装を行なった後に、耐用年数とは全く異なり劣化の症状などが見受けられた場合には、即座に施工業者に問い合わせましょう。外壁塗装は塗料の種類によるとはいえ、比較的耐用年数は長い工事の種類になるため、おかしいなと思った場合は施工不良の可能性を考えましょう。

・見積もり金額の相違

外壁塗装工事は、他の工事とは違い、塗装する面積や塗料によって金額が大きく変動します。そのため、修繕積立金の予算内で想定していた外壁塗装の見積もりとは実際に異なる金額になってしまうことも想定されます。なので、あらかじめ外壁塗装工事の前に打ち合わせなどを行う際には、塗装する面積や塗料の単価などをしっかりと数値で計算して把握するようにしておきましょう。

・クレーム

このクレームに関しては、他のどの工事でも発生しうるトラブルです。工事の期間や内容などをあらかじめ周囲に告知するようにしましょう。そうすることで理解が得られる他、万が一トラブルになったとしても周知していたという事実が大切になるケースもあります。

まとめ

今回はここまで大規模修繕における外壁塗装についてご説明させていただきました。一般的に外壁塗装を大規模修繕を行うタイミングで行うことが多いですが、中にもあったように外壁塗装のみの修繕工事も大切です。初めにも述べた通り、外壁部分は建物の第一印象を作る顔の部分です。そのため、しっかりとした工事を行わないと資産価値も向上しません。

この記事を読んで、外壁塗装に関する知識をしっかりと持った状態で外壁塗装の修繕工事を考えるようにしましょう。なお、株式会社繕では、ちょっと気になることから、大規模修繕に関するご相談まで無料で受け付けておりますので、下記のボタンリンクよりお気軽にお申し付けくださいませ。

関連記事一覧

カテゴリー一覧
お問い合わせ