大規模修繕
大規模修繕
 
大規模修繕
 
大規模修繕

大規模修繕の一時金とは?金額や実施方法について解説!

一時金とは

一時金とは、修繕積立金だけでは修繕費用が足りない場合に「臨時で集金する修繕費」のことです。修繕に必要な金額を大規模修繕のタイミングや数年単位で定期的に集金します。もちろん毎月の修繕積立金で修繕費を賄えるのであれば、修繕積立一時金は必要ありません。

しかし、資材の高騰や予想外の修繕による出費などにより、修繕費用が足りていないマンションが多いのも事実です。なかには、新築時の売却促進として、設定された低額の修繕積立金が見直されず、据え置きになっていることも。修繕積立一時金は、さまざまな理由により不足している修繕費用を確保するために必要なのです。

一時金のリスク

修繕積立一時金があれば予定通りに大規模修繕工事が可能です。しかし、修繕積立一時金には「全住民から集金しきれない」「工事費用を支払えなくなる」2つのリスクがあります。これらのリスクを理解したうえで、修繕積立一時金を検討しましょう。

集金しきれないリスク

修繕積立一時金において考えるべきリスクは、全住民から集金しきれない可能性があること。国土交通省のマンション総合調査結果によると「管理費・修繕積立金を3ヵ月以上滞納している住戸があるマンションは24.8%」にも及びます。

毎月計画的に支払う管理費と修繕積立金でさえ滞納していることから、より高額で予定外の修繕積立一時金を払えない住民がいるのは容易に想像できるでしょう。修繕積立位一時金は住民にとって思わぬ出費です。修繕積立金を従来通りに支払いながら更に出費が増えるため、すべてを集金するのは難しいでしょう。

払えないリスク

修繕積立一時金の予定額を集められなければ、工事費用を支払えなくなるリスクがあります。予算が無ければ予定通りの工事はできません。払える範囲内で工事するとなると工事内容の精査や再見積もりなど、修繕委員の方々の負担も増えるでしょう。

費用を抑えることを第一に考えた工事内容の精査はやるべき工事を先送りしたにすぎず、修繕費用不足が解決したわけではありません。マンションの安全性を保つ以上、どこかで帳尻を合わせる必要があるため、修繕費用不足の課題は残ります。

リスクへの対処法

修繕積立一時金のリスクに対処する方法として、修繕積立一時金を徴収しない、または減額することが有効です。具体的には次の3つの対処法が考えられます。集め方を均等積立方式に見直す管理費の一部を修繕積立金に回す長期修繕計画をこまめに見直す以下で詳細を解説します。

均等積立方式を検討する

修繕積立金の集金方法が段階増額積立方式の場合、均等積立方式に見直しましょう。段階増額積立方式とは、積立金額を徐々に増額する集金方法です。増額時に住民の合意形成がとれず苦労したり増額するほどに未収金が増えたりと、計画通りに修繕積立金を確保しにくい問題点があります。

一方、均等積立方式は、長期にわたり積立金額は変わりません。新築時から積立金額が、段階増額積立方式よりも高額になりますが、住民は資金計画をたてやすく、滞納防止に繋がることから国土交通省でも推奨されています。段階増額積み立て方式に比べ、増額する回数が少ないため、総会を開く負担も減らせます。計画的に修繕積立金を集金できる均等積立方式は、修繕一時金のリスクに対処するための理想的な方式といえるでしょう。

管理費を充てる

リスク対処法として、管理費の一部を修繕積立金に回す方法もあります。場合によっては百万単位で修繕積立金を確保できるかもしれません。管理費の一部を修繕積立金に回すためには、管理費のコスト削減が不可欠です。

マンション管理費の大部分は、管理会社へ支払う委託費用。新築当時から管理会社や業務内容を変更していないマンションも多く、管理契約について再考されることなく契約が継続されています。現在委託している管理業務の内容を見直したり、場合によっては複数社に見積もりを依頼して管理会社を変更することで、委託費用を削減でき修繕積立一時金の集金を避けられるかもしれません。

万が一の場合は借り入れも

修繕積立一時金が集まらず工事費用が足りない場合は、借入を検討しましょう。借入にあまり良いイメージがないかもしれません。しかし、工事費用が足りず劣化状況に応じた適切な工事ができないよりは借入するほうが賢明です。

また、居住者にとって、工事までの短期間で予期せぬ高額な修繕積立一時金を用意するのは、簡単なことではありません。利子はつきますが、借入後に余裕を持った期間で返済していけるため、居住者の金銭的負担を緩和しながらも確実に工事費用を用意できます。修繕積立一時金が集まらなかった場合でも、借入できれば工事費用が払えないというリスクはありません。計画的に返済していく必要はありますが、前向きに検討してもよいでしょう。

まとめ

今回は大規模修繕における一時金についてお話しさせていただきました。大規模修繕は建物の資産価値を高めるとても重要な工事になります。そのため費用に関してはとても慎重になる必要性があります。記事を読んでくださった方の中で少しでも大規模修繕の費用を考えるきっかけになれば幸いです。良い大規模修繕を行えるように、しっかりとした計画を立てて行きましょう。

なお、株式会社繕では、些細なことから、大規模修繕に関するご相談まで無料で受け付けておりますので、下記のボタンリンクよりお気軽にお申し付けくださいませ。

関連記事一覧

カテゴリー一覧
お問い合わせ