大規模修繕
大規模修繕
 
大規模修繕
 
大規模修繕

大規模修繕中のペットはどうする?トラブルの例や対処法をチェック!

工事中のペット

今回は大規模修繕におけるペットについてお話ししていきたいと思います。マンションにお住いの方の中にはペットを飼っていらっしゃる方の中には、大規模修繕工事の際にペットと快く生活ができるか不安な方もいらっしゃると思います。本記事ではそんな大規模修繕に関するペットのあれこれについて詳しく解説していきたいと思います。

また、大規模修繕自体について知りたいという方は、以下のボタンリンクより大規模修繕についての記事を読むことができますので、ぜひご覧ください。

よくあるお悩み

ペットは人間とは異なる生き物であり、大規模な修繕工事が行われている場合でも、その目的や進行状況を理解することはできません。実際、ペットにとっては工事そのものが大きなストレスとなることがよくあります。

したがって、飼い主としては、可能な限りペットのストレスを軽減するためにさまざまな対策を講じる必要があります。このため、一般的なペットの悩みについて紹介し、それに対する対処方法について解説していきたいと思います。

騒音

人間に比べてペット達の聴覚はとても敏感です。少しの物音も我々の何倍もの音となってペットには届きます。そのため、人間ですら大きな騒音に聞こえる工事音はペットにとっては堪え難いものとなるでしょう。

そんな騒音に対してペットにしてあげられる対処法についてですが、まずはしっかりと防音するために、窓はもちろんサッシやカーテン等をきっちりと閉めるようにしましょう。工事中は備えている遮音できるものは全て使うようにしましょう。

また、部屋で音楽等を大きな音でなくていいので流したりしてあげるのも効果的です。静寂な空間でいきなり大きな音が流れるとペットはもちろん我々も驚いてしまいます。なので、音楽やリラックスできるBGM等を流してあげるのも一つの対処法だと言えます。

振動

騒音と同じく振動も工事に伴って発生してしまいます。特に下地補修工事中などは躯体に施工をする場合もあるので大きな振動が連続的に発生してしまいます。ペットたちにとって振動は音と同時に恐怖を感じるものなので、なるべく軽減してあげたいところです。そんな振動を押さえる手段として、カーペットやクッション性のマットなどを敷いてあげると良いでしょう。ペット達も振動を感じているのは接地している床などになります。ですので、床からの振動を少しでも吸収してくれるものを敷いてあげることで振動を押さえることができます。これは、ペットだけではなく居住者にとっても有力な対処法となります。

臭い

聴覚に続いて、嗅覚もペット達は人間よりも優れたものを持っています。そのため、私たちが工事中などに感じる資材や塗料などの臭いはペット達にとって、とても不快なものになります。特に塗装などに使われる塗料などはシンナー特有の匂いなどが発生することもあるため、かなり強烈な刺激臭となります。人間でも不快に感じるようなこの臭いからペットを守るには、空気清浄機等の臭いの粒子を除ける機械などを使うことです。しかしこの時に注意しておきたいのが、少なくともペットのいる空間の換気扇は切って置くということです。また、他の予防策としてペットを一時的に預かってもらうことも臭いを防ぐ方法だと言えます。

飼い主が注意すべき点

大規模修繕工事におけるペットのトラブルは主に上記のように説明した通りです。この際に飼い主が気をつけるべき点はどのようなことでしょうか。それは、工事の内容と期間をしっかりと把握しておくことです。工事の内容は、大規模修繕の施工を行う業者があらかじめ告知してくれるので、前述したような対策を前もって行うようにしましょう。

施工する側は、告知をすることで居住者や周辺住民の理解を得る形で工事を行うので、告知を見逃してあとからこちらの主張を通すことは難しくなるので気をつけましょう。

まとめ

今回は大規模修繕を行う建物の居住者でペットを飼われている方に向けて、どのようなトラブルがあるのか、どのような対処法があるのかをお話しさせていただきました。

大規模修繕工事は、建物の資産価値を高めるための前向きな工事です。そのため、居住者の生活ももちろん向上されなくてはなりません。価値を高めるはずの工事が、かえってストレスを与える結果になってしまうのは絶対に避けたいところです。そのためにも、しっかりと大規模修繕について理解をし、ペットとともにより良い暮らしができることを心より願っております。

また、弊社では大規模修繕に関する些細なことから、無料で相談を受け付けておりますので、以下のボタンリンクよりお気軽にお申し付けくださいませ。

関連記事一覧

カテゴリー一覧
お問い合わせ