大規模修繕
大規模修繕
 
大規模修繕
 
大規模修繕

大規模修繕の項目別の相場単価をご紹介!

費用の計算

単価の相場

大規模修繕は、建物の資産価値を保ち寿命を延ばすために必要な工事です。10〜15年周期で定期的に行うことが推奨されていますが、問題はその費用です。工事の工程から、工法、材料によってその単価は大きく異なり、全体で見ると数千万単位の費用がかかります。今回はその相場の単価をご紹介していきます。

工事全体の費用

大規模修繕の費用は、それぞれのマンションの戸数に基本的に比例します。国土交通省による調査(令和3年度実施)によると、大規模修繕工事全体の費用の相場で最も一般的なのは、1戸あたり100〜125万円(全体の約30%)であり、次に75〜100万円、125〜150万円となっております。目安としては1戸あたり100万円と考えておくといいでしょう。

よって、30戸の小規模なマンションだと3000万円、100戸のタワーマンションだと1億円が修繕費用の相場となっています。これはあくまで相場なので、工事内容や工法、材料を調節することで費用を下げることも可能です。

工事別の相場単価

単価表

ここではマンションの大規模修繕の工事の工程別の単価の相場を、それぞれ解説していきます。大規模修繕で行われる主な工事内容は、「防水工事」「外壁工事」「設備工事」の3つです。それぞれの工事の費用を1戸あたりの単価でみていきます。40戸の小規模マンションの場合、防水関連工事は650〜800万円、外壁関連工事では780〜960万円が費用相場です。また、仮設工事では620〜770万円、設備関連工事では180〜220万円が費用相場となります。

防水関連工事の単価

建物の防水機能は、生活空間に雨水や生活水が水漏れすることを防ぐ以外にも、建物の主要構造部に水が侵食して劣化するのを防ぐ役割も果たすため、建物の寿命を考える上でとても重要になってきます。特に屋上部分の防水機能は重要なので、しっかりと防水工事を行うようにしましょう。防水関連工事の一戸あたりの単価の相場は、15〜20万円です。40戸の小規模マンションだと、600〜800万円が費用相場となるわけです。

外装塗装工事の単価

外装塗装は、建物の外観に直結する意外にも、タイルが劣化して崩落することを防ぐためにも必ず定期的に行う必要があります。1㎡あたりの塗装工事の単価の相場は、1000〜5000円です。振れ幅が4000円と大きい理由についてはこの後説明しますが、1㎡あたりの費用では実際にイメージしにくいかと思われますので、階数に置き換えると、一般的な中規模マンションの場合一階層ごとに90〜140万円ほどが相場となります。外装塗装工事の工程は、「足場設置」、「高圧洗浄」、「養生等の前処理」、「塗装」という流れになります。

回数が多いとそれだけ足場設置等の段階でも費用がかかります。また、外壁塗装の費用の振れ幅が大きい理由として、塗料によって1㎡あたりの料金が変わってくることが挙げられます。主に使用される塗料の種類は5つあり、アクリル、ウレタン、シリコン、ラジカル、フッ素があります。塗料によってそれぞれ耐用年数や価格、発色等の細かな違いがあります。

設備工事の単価

他の工事内容と比べると給水、排水パイプの必要な工事頻度は少なく、耐用年数は約20年です。しかし、手続きに時間がかかってしまうため、大規模修繕の時期にまとめて行うようにするのがおすすめです。給水管や水道管の工事費用は、管の口径が太くなるほど高額になります。

そのため実際に口径や長さを調査しなければ費用は把握できませんが、大方の目安だと一棟あたり70〜200万円となっています。給水管の工事中は給水ホースを設置する必要があり、入居者が水道を使えなくなるので、事前に工事日程を説明しておきましょう。

まとめ

大規模修繕工事は、十数年に一度の大掛かりな工事になるため、費用は膨大なものになります。修繕積立金の設定に関してもある程度の費用の相場を把握しておかなければできないため、今回の記事でそれぞれの工事内容の単価を把握して、トラブルの発生しないように注意しておきましょう。今回の記事でもう少し詳しく知りたい情報がございましたら、こちらの記事も合わせてご覧ください。

関連記事一覧

カテゴリー一覧
お問い合わせ